ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

ドラマ@見取り八段・実0段

What's New (最近の記事一覧)


新しい記事から読む →

【 軍師官兵衛 】第16回 「上月(こうづき)城の守り」感想

   ↑  2014/04/20 (日)  カテゴリー: 2014年大河「軍師官兵衛」

調略で播磨分断に成功した毛利は5万の大軍で、打倒秀吉(竹中直人)の兵を起こす。
官兵衛(岡田准一)は、毛利から奪った上月城を守備する山中鹿介(別所哲也)を
救おうと謀略の限りを尽くすが、城は孤立する。
信長(江口洋介)は播磨に援軍を派遣するが、秀吉を嫌う武将たちの動きは鈍い。
そんな中、敵に回った兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ)を説得するため光(中谷美紀)
が無謀にも単身、志方城に乗りこむという事件が起きる。
(「Yahoo!TV」より引用)


    軍師官兵衛op

軍師官兵衛 第十六回「上月(こうづき)城の守り」



えっと……ついに、あらすじ込みの簡単感想で。


天正6年3月。

分断した播磨は毛利につき、毛利軍は5万の大軍となった。


三木に加え、神吉、野口淡河、高砂、端谷そして志方が寝返りました。

神妙な顔で報告する官兵衛。

5万の兵を揃えて意気揚々な毛利軍に引き換え、秀吉の陣営に集まった兵は7百。

ネガティブな顔した官兵衛。
もっとネガティブな顔した援軍・村重。
吐血して倒れちゃう半兵衛。

もう、何かに憑りつかれているとしか思えないドンヨリさ。


一方、今日の織田劇場は酒を飲みながらのお能の会。

柴田勝家どののお姿も見られます。

みんな、そんなに暢気にしてるなら播磨に行ってやれよ。

そして、信長殿から重大発表が…。


わしは全ての官職を辞する事に決めた。

これは隠居するってことではなく、

信長、官職やめるってよ!

という事らしい。


恐れながら、それでは朝廷のご不興を買いまする。

と、進言する明智光秀を一喝する殿。

朝廷を庇護しているのはこの信長である!


あんたは神だからな。

恐れおののく重臣たち…と光秀。
こっちも、徐々にフラグ立ってまいります。


天正6年4月。

上月城に毛利の大軍が迫るというのに時間稼ぎしかできない織田軍。

なお、毛利軍にも不安要素はあった。
どうも、まとまりが悪いご様子。

宇喜多は直家が病床に伏せり、弟の忠家が参じている。

熱に浮かされ伏せっておりまする。
それゆえ、それがしが名代として参上つかまつりました。


と、挨拶する宇喜多の弟、目がめっさ泳いでますwww
なんて素晴らしい演技。

それもそのはず、兄は仮病で人払いして女とイッチャイチャしているのだった。

大河時間からエロい映像、ありがとう。


官兵衛は九郎右衛門を草の者に使って敵方に奇襲をかけ、不安感を相手に残すという技に
成功し、山中鹿介から、

さすがは黒田官兵衛!

という主人公上げのセリフを引き出します。

しかし、そんな事でニヤニヤしていられないほど状況は切羽詰まってるのでした。

秀吉の援軍なんかにさせられ、兵は足らず、織田からの援軍もなく、村重さんの目が
どんどん死んでますよぉぉ~。やばいです。


そんな中、ついに官兵衛さんの奥・光さんが兄・左京進を説得するために志方城にお福
1人を従えて乗り込んじゃうのでした。

それを知ってオタオタする父・職隆たち。


かような小さな城、織田の軍勢が押し寄せたらひとたまりもありませぬ。
所詮は三木城の捨て石にされるだけでございます。
代々続いた櫛橋の家を兄上の身勝手で滅ぼしてもよいのですか!



目を潤ませての光さんの説得にも左京進は応じず。

言っておくが、わしは官兵衛が憎くて毛利についた訳ではない。

とか、大嘘を申します。


光…。お前は幸せか?
官兵衛のところへ嫁いで本当によかったのか?
身内同士が敵味方に分かれ全て官兵衛と関わったがゆえにお前の身に降りかかってきたのだぞ。



ほら、やっぱ嫌ってるじゃん。

そこから、突然の櫛橋家思い出語り…必要ですか、このシーン。


兄上。
戦のない世が来ると思いますか?

私は来ると信じています。
その時、また兄弟そろってあのころのように笑いとうございます。

それはかなわぬ。
わしとお前は別々の道を歩むのだからな。

光…。
今生の別れだ。
わしが姫路に迎えに来るよう頼んだ。

今、この時から我らは兄弟の縁を切る。さらばだ。



すっごいフラグ立てて兄妹の再会は終了するのでした。

ぇ…死なね~し……と、思ったわけですが、実はこの兄上・櫛橋左京進さん。

史料が少なくて、この戦の後に黒田家に従ったとか、ここで自刃したとか、
様々な説があるのでありました。

つまり、制作側の意向でどうにでもなる人材…。

こんな、めっさイヤなやつで視聴者に嫌われたまま人生終わるのか…。
どうせなら生かして名誉挽回させてやってほしいです。
(あ、日本語間違ってるな。「挽回」も何も初めから良いとこねーし)


黒田に戻った光は、父・職隆に頭を下げます。


このままでは櫛橋の家が滅んでしまう…。
そう思ったら居ても立っても居られなくなり…。

気持ちは分かる。
しかしお前にもしもの事があれば残された者はどうなる?
松寿の事を少しでも考えたのか?



いつものように優しく諭す父。


この事は官兵衛には言わずにおく。
(「記録もしないから歴史にも残さないでおく」)
←だから史実に残されていないんですよ、うん。

という事になったのでした。


兵糧攻めつらい。

信長は完全に上月を見捨てる姿勢。

一方、毛利は志方を見捨てる姿勢。

で、義兄弟は共につらい…。


んだから、ホームドラマは置いておいて、戦。



よろしければ→【2014年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



※キャスト

黒田官兵衛 … 岡田准一(少年期:若山耀人)

光 … 中谷美紀
黒田重隆 … 竜雷太
黒田職隆 … 柴田恭兵
いわ … 戸田菜穂
ぬい … 藤吉久美子
黒田長政 … 松坂桃李(少年期:秋元黎→若山耀人)
栄姫 … 吉本実憂
黒田休夢 … 隆大介
井出友氏 … 飯田基祐

母里小兵衛 … 塩見三省
母里武兵衛 … 永井大(少年期:大嶋康太)
栗山善助 … 濱田岳
母里太兵衛 … 速水もこみち
井上九郎右衛門 … 高橋一生
後藤又兵衛 … 塚本高史
力 … 酒井若菜

お国 … 中川翔子
お福 … 阿知波悟美
お道 … 福島リラ
おゆう … 中村映里子

織田信長 … 江口洋介
お濃 … 内田有紀
土田御前 … 大谷直子

明智光秀 … 春風亭小朝
柴田勝家 … 近藤芳正
丹羽長秀 … 勝野洋
滝川一益 … 川野太郎
佐久間信盛 … 立川三貴

荒木村重 … 田中哲司
だし … 桐谷美玲
高山右近 … 生田斗真

羽柴秀吉 … 竹中直人
おね … 黒木瞳
羽柴秀長 … 嘉島典俊
竹中半兵衛 … 谷原章介
石田三成 … 田中圭
蜂須賀小六 … ピエール瀧

小寺政職 … 片岡鶴太郎
お紺 … 高岡早紀
江田善兵衛 … 上杉祥三
櫛橋左京亮 … 益岡徹
櫛橋左京進 … 金子ノブアキ
力 … 酒井若菜

伊吹善右衛門 … 尾藤イサオ
おたつ … 南沢奈央(少女時代:三池怜菜)
伊吹文四郎 … 遠藤要
赤松政秀 … 団時朗
円満 … 麿赤兒
石川源吾 … 升毅
別所長治 … 入江甚儀
別所賀相 … ベンガル
別所重棟 … 佐戸井けん太
上月景貞 … 土平ドンペイ

足利義昭 … 吹越満
小早川隆景 … 鶴見辰吾
安国寺恵瓊 … 山路和弘
顕如 … 眞島秀和
山中鹿介 … 別所哲也
宇喜多直家 … 陣内孝則

ナレーション … 藤村志保

※スタッフ

制作統括… 中村高志
脚本… 前川洋一
演出… 田中健二、本木一博、大原拓
音楽… 菅野祐悟
題字… 祥洲

公式サイト http://www1.nhk.or.jp/kanbe/





【送料無料】軍師官兵衛(1) [ 前川洋一 ]

【送料無料】軍師官兵衛(1) [ 前川洋一 ]
価格:1,470円(税込、送料込)



【送料無料】軍師官兵衛 [ 小和田哲男 ]

【送料無料】軍師官兵衛 [ 小和田哲男 ]
価格:998円(税込、送料込)












※トラバが一発でお返しできないブログさまがあります。
何度か試して不可能な場合はあきらめています。無視ではありません

※トラバお返しの際、「管理人承認後表示」にしているブログさま。
その事が明記されていないと、何度も試してダブる可能性があります。ご了承を





※「Twitter」ID「kukucoo」です。
大量ドラマツィートに耐えられる方はフォローよろしくお願いします~



FC2にトラックバックが飛ばないサイトさま記事リンク(お申し出ください)




【軍師官兵衛】1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

この記事に含まれるタグ : 軍師官兵衛 NHK大河ドラマ 黒田官兵衛 岡田准一 中谷美紀 濱田岳 速水もこみち 高橋一生 塚本高史 江口洋介 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3997.html

2014/04/20 | Comment (4) | Trackback (13) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |